台北⇔嘉義のバスでの行き方(時間と場所)を紹介!バスの選び方は?

台湾の高速バスを利用して、台北から嘉義へ、嘉義から台北への行き方を詳しく紹介します。

嘉義は映画「KANO」のロケ地としても有名になった台湾の中南部の都市で、台南と台中の間に位置しています。

台南からは近いですが、台北から直接、嘉義へ向かいたいという方もいることでしょう。

以下では台北と嘉義の間を結ぶ高速バスの時間と乗り場所を詳しく紹介します。

台北‐嘉義間の主な高速バス会社は、下記の通りです。

  • 国光客運
  • 統聯客運
  • 阿羅哈客運

 

台北→嘉義への高速バスでの行き方

国光バス

  • 路線  :臺北→嘉義
  • バス番号:1834
  • 所要時間:約3時30分
  • 運賃料金:420元(一般)、220(子供など)
  • 発車場所:台北転運駅
  • 到着場所:嘉義転運駅
  • 運行時間:6:00~23:00(15分~30分毎に発車)
  • 公式サイト≫≫ http://www.kingbus.com.tw/jp/

統聯バス

  • 路線  :台北→(台中朝馬)→嘉義
  • バス番号:1618
  • 所要時間:約4時間
  • 運賃料金:420元(一般)、235元(子供など)
  • 発車場所:台北轉運站
  • 到着場所:嘉義転運駅
  • 公式サイト≫≫ http://www.ubus.com.tw/

アロハバス

  • 路線  :台北→(台中朝馬)→嘉義
  • バス番号:3888
  • 所要時間:約3時間30分
  • 運賃料金:520元~575元(一般)、286元(子供など)
  • 座席形式:二列排列(一人用座席が二列)
  • 発車場所:台北轉運站
  • 到着場所:嘉義站(嘉義市中興路1號)
  • 運行時間:24時間運行で1時間毎に発車
  • 公式サイト≫≫ https://www.aloha168.com.tw/

 

嘉義→台北への高速バスでの行き方

国光バス

  • 路線  :嘉義→台北
  • バス番号:1834
  • 所要時間:約3時30分
  • 運賃料金:420元(一般)、220(子供など)
  • 発車場所:嘉義転運駅
  • 到着場所:台北転運駅
  • 運行時間:5:00~23:00(15分~30分毎に発車)
  • 公式サイト≫≫ http://www.kingbus.com.tw/jp/

統聯バス

  • 路線  :嘉義→(台中朝馬)→台北
  • バス番号:1618
  • 所要時間:約4時間
  • 運賃料金:420元(一般)、235元(子供など)
  • 発車場所:嘉義転運駅
  • 到着場所:台北轉運站
  • 公式サイト≫≫ http://www.ubus.com.tw/

アロハバス

  • 路線  :嘉義→(台中朝馬)→台北
  • バス番号:3888
  • 所要時間:約3時間30分
  • 運賃料金:520元~575元(一般)、286元(子供など)
  • 座席形式:二列排列(一人用座席が二列)
  • 発車場所:嘉義站(嘉義市中興路1號)
  • 到着場所:台北轉運站
  • 運行時間:24時間運行で1時間毎に発車
  • 公式サイト≫≫ https://www.aloha168.com.tw/

 

バスターミナルの場所

台北バスターミナル(台北転運站)の場所

※台北バスターミナルは台北駅の向かい側にあります。地下街からは地下街出口Y1を出てすぐ。

嘉義転運駅

※嘉義バスターミナルは台鉄嘉義駅の向かい側にあります。

 

台北⇔嘉義のバスの選び方

台北と嘉義の路線の高速バスは上記の通り、国光客運、統聯客運、阿羅哈客運の3社のバス会社になります。

国光バスと統聯バスは一般的な4列配列(2人座席×2列)のバスになりますが、アロハバスの場合は一人用座席×2列の座席配列になりますのでファーストクラス並みの席です。アロハバスではこの豪華な座席を総統シートと呼称しています。

ゆったりとファーストクラスの座席で3時間半から4時間のバスの旅を満喫したい方には最適なバスになることでしょう。

また、一般的にはどのバス会社も月曜日から木曜日の平日の日は割引価格で運賃が設定されていますので、上記のバス料金よりも安く利用できます。