台湾の新幹線(高鐵)を利用時の注意点を台湾旅行の出発前に確認

台湾の新幹線(高鐵、台湾高速鉄路)を利用される時の注意点を詳しく紹介します。

台湾旅行の際には、交通手段としては手軽で最も早く移動できるため、新幹線を利用される方が多いですね。

特に、台北、台中、台南、高雄などの台湾の主要な都市の移動では、短時間での移動が可能なため、とても便利です。

以下では、台湾の新幹線に乗車する時に注意すべきポイントをピックアップして、詳しく紹介します。

飲食と車内販売

台湾の新幹線の車内では飲食は禁止されていませんので自由に飲食をすることができます。

また、車内販売で弁当や飲み物をはじめとした飲食物の販売もされています。

ただし、下記のような規定があり、匂いが強い飲食物は禁止されています。具体的には、禁止されているものは臭豆腐などの臭いが強いものになります。

匂いがする飲食も禁止です。

タバコ

台湾では公共のスペースではタバコが全面的に禁止されていますので、新幹線の車内でも全車禁煙となっています。また、車内だけではなく、プラットホームなどでも禁煙ですので注意しましょう。駅構内での喫煙は罰金の対象となりますので注意しましょう。

車内は禁煙で、檳榔も禁止です。

車内は全車禁煙です。

トイレ

新幹線の車内にはトイレが設置されていますので、乗車中はいつでも自由に利用することができますので安心です。

トイレにはトイレットペーパーが備えられていますが、トイレットペーパーが切れていることもありますので、ポケットティッシュを持っていくと安心です。ちなみに、新幹線の車内のトイレではトイレットペーパーはトイレに流してもOKです。

快適な利用環境を維持するために、使い済みのティッシュを便器の中に捨ててください。

授乳室

新幹線の車内には授乳室が設置されていますので、乗務員に申し出ることで、利用ができるようになっています。授乳室の場所は5号車に設置されています。

5号車では授乳室が設置されております。授乳を希望されるお客さまは乗務員にお声をお掛けください。

冷房・エアコン

新幹線の車内はエアコンの冷房が効いていますので、冷え性の方や寒さに弱い方はカーディガンなどの羽織ものを準備したほうが安心ですね。特に、夏の時期に1時間以上の長時間の乗車の際には、少し寒く感じることもあるかもしれません。

乗り物酔い

台湾の新幹線は台鉄のようには列車の揺れを感じることは少なく、日本の新幹線と同じくらい乗車中の振動は少ないですので、乗り物酔いになるようなことは少ないと思います。心配な方は酔い止め薬などを持って行きましょう。

荷物

新幹線に持ち込むことができる荷物には規定により制限があります。手荷物として車内に持ち込みができるものにはサイズと重量に制限があり、下記の通りとなっています。

  • サイズ:3辺220cm以内、長さ150cm以内
  • 重量 :総重量40kg以内

旅客1人につき手回り品は、1個あたりの長さが150センチメートル以内のもので、3辺の最大の和が220センチメートル以内のもので、総重量が40キログラム以内のものを持ち込むことができ、手回り品の持込制限を超える物品を持ち込んで乗車することはできません。

動物・ペット

基本的に、ペットなどの動物を車内に持ち込むことは禁止されていますが、一定の範囲内で持ち運び用のケージで管理する場合は持ち込んで一緒に乗車することができます。

乗車中は座席の下に置き、ケージの扉を開けずに、他の乗客の迷惑にならないように管理する必要があります。

ただし、目の不自由な方などのための盲導犬などはペットではありませんので、そのまま一緒に乗車することができます。

高鉄範囲内(駅及び列車)に原則的に動物を持ち込むことができません。犬、猫又は魚蝦類は、長さ・幅・高さの辺が55・45・38センチメートル以内で、糞便若しくは液体が漏れないよう堅固に包装した容器に入れる場合、この限りではありません。乗車期間で動物を座席の下方空間に置き、他の旅客の妨害せず容器内部を開けないでください。任務に就く警察犬、盲導犬又は訓練士に同伴する盲導犬の訓練を受ける幼犬は、この限りではありません。

バリアフリー

新幹線の駅構内やプラットホームまではエレベーターが設置されていますので、車椅子などでの移動でも不便なく移動することができます。

新幹線の車内にはバリアフリーの座席が設置されていますので、チケット購入時に障害者手帳を提示するなどして、スタッフに申し出ることにより利用できます。

悠遊カード

悠遊カードを利用して高鉄を利用できるのか?と思われる方もいるかもしれませんが、一般的な悠遊カードでは利用できません

台湾在住の方などで、台湾国内のクレジットカードと紐付けされている悠遊カードの場合は自由席に限り利用できるシステムになっています。