台鉄(台湾鉄道)の切符の運賃・料金のご案内

台鉄の切符の運賃・料金について詳しく紹介します。

台鉄とは台湾鉄路(臺灣鐵路管理局)あるいは台湾鉄道と呼ばれ、台湾の在来線の電車のことです。

台湾の庶民の交通手段として最も利用客が多い台鉄を利用する際の運賃や料金について詳しく紹介します。

注目ポイント

  1. 台鉄の運賃・料金はいくらくらいなのか?
  2. 台鉄の運賃・料金はどのように計算されるのか?
  3. 主要都市間の台鉄の運賃・料金を具体的に知りたい。
  4. 子供や高齢者の割引はあるのか?

以下では、台湾旅行の際に一度は利用してみたい台湾名物とも言うべき台鉄の料金について詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

台鉄の運賃・料金はいくら?

台鉄の料金は列車の種類と距離の2つの要素で決まります。

台鉄の列車の種類

まずは、台鉄の列車の種類ですが、下記の通りです。

  1. 普通(快)車
  2. 復興號/區間車
  3. 莒光號
  4. 自強號

普通(快)車は普段お目にかかることはほとんどないと思います。昔は利用されていたようですが、冷房設備がない列車のようです。現在は特定の都市間のみしか利用されてないとのこと。

復興号/区間車は一般的に利用される各駅停車の列車と区間快速列車のような存在です。一般的には、市内の移動やお隣の都市へ行く時に利用するイメージです。

通勤電車のような役割も果たしているようです。長距離移動の際には時間がかなり掛かりますので、台湾旅行で利用することはあまり多くないかもしれません。

莒光号は特急列車の位置付けですが、列車の外観も車内の設備も古いというイメージで、そのため運賃・料金も特急列車にしては少しだけ安いのが特徴。

自強号は台鉄の中では最も利用する頻度が高い特急列車ですが、外観も車内の設備もそこそこ古いです。

台鉄の運賃・料金

一人あたりの運賃は下記の通り、列車の種類ごとに、距離(km)ごとに決められています。

  • 普通車:1.06台湾ドル/km
  • 復興號:1.46台湾ドル/km
  • 莒光号:1.75台湾ドル/km
  • 自強号:2.27台湾ドル/km

※10km以内は10kmにて計算されます。

 

《参考元》

(一) 本局各級列車票價費率:

(1) 普通(快)車:每人每公里1.06元。
(2) 復興號/區間車:每人每公里1.46元。
(3) 莒光號:每人每公里1.75元。
(4) 自強號:每人每公里2.27元。

各車種現行起碼里程為10公里計價,不滿10公里,以10公里計價。

(引用元:交通部臺灣鐵路管理局)

 

台鉄の主要都市間の運賃・料金

 花蓮台北台中台南高雄台東
花蓮340元905元625元543元264元
台北440元289元569元650元604元
台中815元375元280元361元641元
台南810元738元363元82元361元
高雄705元843元469元106元279元
台東343元783元831元468元362元

上表は自強號と莒光號の運賃・料金を示しており、台鉄の主要都市間の運賃は大人片道で800元台までで利用できます。黒文字は自強號の料金で、赤文字莒光號の料金を示しています。

上表の運賃は一般的な料金を示していますが、一部の特殊な列車の場合はもう少し高くなる場合があります。

また、隣り合う都市間では区間車の路線もありますが、ここでは長距離の移動を想定して、特急列車の料金のみを紹介しています。

 

台鉄の運賃・料金の割引

台鉄には下記のような割引制度が設けられています。

  • 子ども
  • 高齢者
  • 障碍者

子ども割引

こども割引が適用された場合は、半額(孩童票)または無料になります。

子ども割引の規定は下記の通りです。

  • 身長115cm未満:無料
  • 身長115cm~150cm未満:半額
  • 身長150cm以上:普通料金

ただし、年齢以上に身長が高い子どもさんもいますね。その場合は、年齢が分かる証明書を提示することで下記の通り適用されます。

  • 6歳未満:無料
  • 12歳未満:半額

また、子どもが無料になるのは大人(普通料金の切符)一人につき、2人の子どもまでとなっています。大人1人につき3人以上の場合は子ども料金が必要です。

高齢者割引

高齢者割引が適用されるのは65歳以上の方が対象で、料金は半額になります。ところが、外国人には台鉄の「敬老優待票」(高齢者割引)は適用されません。高齢者割引を受けるためには台湾の国民身分証が必要です。

《参考元》

敬老優待票:年滿 65 歲老人得憑國民身份證,按單程全價票價 5 折購買各級列車敬老優待票。

障碍者割引

台鉄の乗車時には身心障碍者の場合は料金が半額に割引になります。ところが、「愛心票」割引の適用を受けるためには各県市政府の身心障碍者手帳が必要だとされています。そのため、外国人には適用されない規定になっています。

《参考元》

愛心票:身心障礙者得憑各縣市政府核發之身心障礙手冊,按單程全價票價 5 折購買各級列車愛心票。

団体割引

20名以上の場合は『自由席列車団体乗車券申請書』を申請することで割引を受けられます。割引率は人数により下記の通りです。

  • 20名~49名:20%割引
  • 50名以上 :35%割引

ただし、休日や長期休暇中は受け付けていません

 

まとめ

以上、台鉄の運賃・料金について詳しく紹介しました。

台湾旅行をされるのであれば、台鉄に乗って移り行く景色を見ながら、車内で販売される台鐵弁当を食べながら、ゆっくりとした旅を楽しむのも趣がありますよ。

最後に、台鉄の料金についてのポイントをまとめておきますので、旅行の際の参考にしてみてください。

台鉄の料金のポイント

  1. 台鉄の運賃・料金は列車の種類と距離により決まる
  2. 通常の運賃・料金は~800台湾ドル台と比較的安い
  3. 例えば、台北⇔高雄の台鉄(自強號)の運賃は843台湾ドル
  4. 台鉄の運賃には割引制度(子ども、高齢者、障碍者)がある
  5. 外国人が利用できる割引は子ども割引のみ